2009年02月09日

信楽陶芸の森に栗の…

せっかく甲賀まで来たので、信楽駅のたぬきを見て帰ろうと思い、
車を走らせていたところ、陶芸の森というところがありまして、
ちらっと寄ってみたのが、運命の出会い(?)のはじまりでした。

滋賀県立陶芸の森
http://www.sccp.or.jp/

陶芸の森の入口のすぐ近くに、陶芸のお店がいくつかあり、
なにげなしに覗いてみたところ…そのお店はあったのでした。

claystudiokuri1.jpg

今回は栗さがしの旅ではなかったので、不意打ちをくらいました。
あ、あれ、く、栗じゃん、みたいな。

claystudiokuri2.jpg

中が全部栗、なんてことはないにしても、栗グッズがひとつくらいは置いてある、
と思ってよいでしょう。がぜん、テンションがあがります。

…と、ここまで書いておきながら、すみません、店の中の写真を撮り忘れたので、
商品のご紹介はできません。
さらりと書きますと、栗のマークそっくりのペン立てとか、マーク入りのマグカップとかお茶椀とかがありました。
栗型にくりぬいてある一輪差し(っていうんですかね)に心を奪われたのですが、
3千円というねだんをみて、今回は断念しておきました。

で、やはり栗の形が重要だよね、と自分に言い聞かせて、ペン立てを購入しました。

claystudiokuri3.jpg

三角の袋。すてきです。

claystudiokuri4.jpg

栗のマークそのまんまのフォルム。すばらしい!

お店のかたは栗田さんとおっしゃって、やはり名前に「栗」が入っているので、くりなんだそうです。
ああ、うらやましい。

ちゃっかり、携帯に入っている栗の絵をみせて、栗仲間(?)であることをアピールして、その場を後にしました。

というわけで、信楽方面へ遊びにいく予定のあるかたは、お店を覗いてみるとよいですよ。
他にも、クリエイティブなお店がいくつかあって、見るだけでも楽しかったです。

CLAY STUDIO くり
http://www.kuri-potter.com/


あとはおまけです。
甲賀の忍者屋敷で買った、かたやき。忍者の保存食です。

katayaki1.jpg

かたいのでかたやき。割るためのかなづちがもれなくついてきます。

 katayaki2.jpg

説明書をみると、手にのせて叩いて砕くのだそうで。
むすこにやってもらいました。

katayaki3.jpg

卵や乳製品が入っていない、素朴な味でおいしいです。
これが食えるなら忍者になってもいいな、と一瞬だけ思いました。
posted by 栗描いてるひと at 21:03| Comment(2) | TrackBack(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
うわ〜たまんないですね!!
私も信楽に行ったことがありますが、「くり」公房は知りませんでした。
私も名前に「栗」があるだけに気になります!!しかも陶器・・・。
作品もニクイですね♪
「かたやき」は私も食べた事がありますよ。
Posted by たちこま at 2009年02月11日 22:41
やーどうもありがとうございます & ごぶさたいたしておりますです。

いやあもう、栗…たちこまさんが、ひゃーとか言う気持ちがよくわかりました。
看板見ただけで、メーター振り切りそうになりましたので。でも、ぐっと堪えましたですよ。
中の作品が全部栗だったら、完全に理性を失っていたと思います。(^ε^;;

「かたやき」は、わたしの中でブームになりつつあります。
自分で作れたら、毎日作ってしまいそうなくらい、です。作れないかな…。
Posted by 栗描いてるひと at 2009年02月15日 00:38
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

メルマガ登録・解除 ID: 0000126454
栗日記
   
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ