2008年10月04日

澤田屋 栗きんとん

やはり、栗と言えば栗きんとん、中津川の栗きんとんでしょう。
実は、読者のかたにいただきました。
わらしべ長者っぽいです。あるいはエビでタイを5匹くらい釣ったかのような。

kurikinton_sawadaya1.jpg

素敵な袋に包まれています。
弁当を包む風呂敷に再利用したいところですが、残念ながら素材が紙です。

kurikinton_sawadaya2.jpg

古風な感じで、期待度が高まります。

kurikinton_sawadaya3.jpg

栗きんとんは、みずみずしい感じで、食べると、まさに栗、といったおいしさです。
嫁曰く、これは栗だね、だそうで。
…夫婦揃って栗だねとしか言ってませんね。

kurikinton_sawadaya4.jpg

包み紙の裏のロゴが、かわいかったです。
栗きんとんの最強さを再確認することができました。
posted by 栗描いてるひと at 00:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

メルマガ登録・解除 ID: 0000126454
栗日記
   
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ